仙台市の遺品整理|優良事業所の料金比較 » 遺品整理業者のトラブル事例

遺品整理業者のトラブル事例

遺品整理の需要が高まるにつれて、業者の数も増えてきています。

遺品整理業の開業は、特別な資格や認可の必要がないので、悲しいことに中には悪質な業者が紛れていることも。国民生活センターや消費生活センターにも、多くの相談が寄せられているのが現状です。

このページでは、そういった悪徳業者のターゲットになってしまわないよう「どのようなトラブルが起こりやすいか」「問題に巻き込まれてしまった場合の対処法」について、詳しくご説明します。

代表的な遺品整理のトラブル

遺品整理の不法投棄

遺品整理業社が不用品廃棄のコストを抑えるために、回収した品を山や川に不法投棄する問題も増えています。

自分ではなく業者が不法投棄した場合にも、刑事罰に処せられることもあるので、注意が必要。

そうなってしまわないためにも、行政からの許可を得ている業者・一般廃棄物収集運搬業者と提携をしている業者のみに、依頼をするようにしましょう。

また作業終了後も、業者からの領収書やメールアドレス・電話番号などをしっかりと保管しておくことをお忘れなく。

遺品整理の不法投棄について
詳しく見る

遺品整理詐欺

悪徳な業者に依頼をしてしまうと、法外な金額を要求されることも。よくある手口には次のようなものがあります。

  • 作業終了後にオプションなどの追加料金を払わされた
  • 必要のないリフォームをごり押しされた
  • キャンセルをしようとしたら手数料を取られた

そのほかには、金銭的価値がある遺品の窃盗・遺品を安い金額で買いたたかれるケース・大切な書類や思い出の品を勝手に処分された、などが問題となっています。

遺品整理詐欺について
詳しく見る

起こってしまった
トラブルの解決方法

その業者との話し合い

まずは依頼をした業者との、話し合いの機会を持ちましょう。詐欺を常習的に働いている悪徳業者の場合、なかなかこちらの言い分を聞いてくれることはないことも。

現場のスタッフだけでなく、会社の代表も交えて話をすることが大切です。

第三者機関への相談

業者との話し合いがうまくいかなかった場合は、消費者相談室や暮らしの相談窓口・消費者庁といった第三者機関へ相談をしてみましょう。

業者と直接渡り合わなくてもいいので、よりスムーズな解決が望めます。

弁護士や行政書士に依頼

第三者機関に相談をしても問題解決ができなかった場合、弁護士や行政書士といった法律の専門家に介入してもらう方法もあります。

その際高額な報酬が発生することもあるので、遺品整理のトラブルを得意とする弁護士事務所で、まずは無料の相談をしてみてから検討しましょう。

まとめ

遺品整理業者のトラブル事例と、解決法についてご紹介しました。

トラブルを未然に防ぐためには、費用の安さだけにとらわれず、資格や許可・認定を受けている遺品整理専門の優良業者を選ぶように心がけましょう。

仙台市対応の遺品整理士認定協会
「優良事業所」サービス比較
宮城遺品整理
サービス
費用(3LDK)150,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
プログレス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
クヨカサービス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り