遺品整理業者の種類

さまざまな片付け・清掃業者がありますが、その違いはどういったものでしょう。
このページでは業者による違いと、何に特化しているかをご紹介します。

遺品整理業者

亡くなった方の部屋や家の片付け+清掃の代行を行う業者。サービス内容は会社によって異なりますが、貴重品の捜索・形見分けの選別・大小関わらず一般廃棄物であれば回収・処分を行ってくれます。

また仏壇・神棚・個人の愛用品など、ゴミとして処分しづらい品は、しっかりと供養をしてくれるサービスも、提供しています。

生前整理業者(福祉整理業者)

遺品整理との違いは、その部屋/家に住んでいる方が存命であるという点。生前整理は、将来の家族のことを考えたり、亡くなるまでどのように生きていきたいかという視点で、持ち物の処分や整理を行います。

福祉整理は亡くなることを前提としておらず、住環境を清潔で健全なものにするための片付けや清掃サービスを提供します。

特殊清掃業者

独居死・孤独死などの変死体があった部屋の「汚染・異臭の除去」「消毒」「害虫駆除」や、原状回復のために必要な残留物の処理・工事などを行う業者。通常の清掃業務とは全く違い、専門性や知識が必要とされます。

「事件現場特殊清掃士」「建築物清掃業登録」「脱臭マイスター資格」などを持っている業者がおすすめです。

空き家片付け業者

近年社会問題にもなっている空き家は、防災・防犯・衛生の面はもちろん、所有者が払う税金の問題などもあるので、なるべく早めに整理して管理する必要があります。

空き家片付けに特化した業者は、古くなった物件の壁・床の状態をしっかりと確認して不用品の処分・清掃まで依頼可能。その後の不動産の活用案まで、提案してくれることもあります。

ゴミ屋敷清掃業者

部屋や家の中が足の踏み場もないくらい散らかってしまい、自分や家族だけでは、ごみの撤去や片付けが困難になったケースに対応する業者。体力の衰退・認知症による高齢者宅だけでなく、ストレス過多の若い世代の女性にも多い傾向があります。

ただゴミを捨てるだけでなく、必要なものはきちんと残しその日から快適に暮らしていけるよう、生活環境を整えてくれます。

遺品整理業者と不用品回収業者の違い

同じ片付けでも、専門性やサービスの内容で大きな違いがある「遺品整理業者」と「不用品回収業者」。遺品整理業者は、相続や形見分けなど遺品に特化した対応を行います。

また不用品回収業者と違い、仕分けをしっかりと行うのも特徴。貴重品や重要書類の捜索や、不用品と買取可能な品の分類の依頼も可能です。

あわせて故人が大切にしていたものや仏具・位牌などは、丁寧な供養をしてくれるサービスもあります。

遺品整理業者 不用品回収業者
作業目的

遺品の整理

不用品の回収

不用品の回収と処分

作業対象=遺品と認識
物の扱いが丁寧

作業対象=処分品と認識
物の扱いが雑になることも

必要品と不用品の分別

貴重品の捜索

遺品の買取

遺品の供養・お焚き上げ

無料の簡易清掃

ハウスクリーニング

消臭作業

家屋の解体

車・バイクの買取処分

リフォーム

不動産仲介・買取

相続の相談

参照元:「みんなの遺品整理」
https://m-ihinseiri.jp/article-service/selection/#headlne-2

まとめ

遺品整理業者とそのほかの整理・清掃業社の特徴について、ご紹介しました。

「高額料金の請求」や「回収した遺品の不法投棄・盗難」など、後々のトラブルを避けるためにも、法に則り遺族の気持ちに寄り添ったサービスを提供する「遺品整理士認定協会」の優良事業所を選ぶことが重要ですね。

仙台市対応の遺品整理士認定協会
「優良事業所」サービス比較
宮城遺品整理
サービス
費用(3LDK)150,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
プログレス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
クヨカサービス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り