特殊清掃とは

孤立死・孤独死など変死体があった屋内外を、原状回復するための清掃。
通常の清掃とは違い、専門的な知識が必要となってきます。

特殊清掃作業の作業内容

消毒作業

死後発見まで時間がかかった場合、遺体からは血液や体液が出て部屋は不衛生な状態となります。

また亡くなった方が肺炎などを患っていた場合、感染症発生のリスクもあるので室内を消毒殺菌する必要があります。

不用品の処分、遺品整理、特殊清掃

遺品を必要なものとそうでないものに分け、不用品は適切な方法で処分します。

整理を行いながら、貴重品・重要な書類・形見の品なども分類します。

害虫駆除

ゴミ屋敷や孤独死の現場などには、ゴキブリ・ハエ・ウジ・ネズミなどの害虫・害獣が発生することも。

そのままでは遺品の整理を始めることもできず、近隣に住む住人の健康を損ねる危険もあるので、厚生労働省の許可した薬剤を使用して早急に駆除を行います。

汚染箇所の解体、清掃、消臭

汚染箇所の清掃・消臭には、念入りな拭き掃除や消臭剤の散布などを行いますが、それでも匂いやシミ・ダメージが残る場合は解体工事が必要になる可能性もあります。

オゾン消臭・脱臭

遺体や汚物の強い臭いがあるときは、緩和をさせるためにオゾン発生器を使用。オゾンガスを吹きかけることで、匂いの分子を分解し根本から問題解決をします。

壁紙貼り、フローリングの張り替え

匂いやシミがどうしても取れない場合は、臭いが取れない壁紙/クロスの張替え・床の張替えを行います。

また一旦建材に染み込んでしまった血液や体液は、表面の掃除だけでは取り除くことができないので、必要に応じて規模の大きなリフォームも施します。

普通のクリーニングとの違い

遺品整理の範囲内で行う清掃(ハウスクリーニング)は、床や壁紙の拭き掃除や水回りの掃除などといった、「清潔でより住みやすくなるような清掃」です。

一方特殊清掃は、害虫駆除・消臭・汚物の処理・床や壁の張替えなどを行い、原状回復をしてまた人が住める環境に整える作業です。匂いやダメージ・範囲にもよりますが、完了までに数日要することがあります。

特殊清掃に関する資格

事件現場特殊清掃士

「事件現場特殊清掃センター」が運営・認定をしている、特殊清掃に特化した民間の資格

作業に用いる薬剤の正しい知識・消臭/脱臭に関する知識・関連する法律の知識など、現場で必要なものを身につけることができます。

その他の特殊清掃

脱臭/消臭は特殊清掃において、とても重要。日本除菌脱臭サービス協会が運営をする民間資格「脱臭マイスター資格」を保持している業者は、より高品質で効果的な脱臭技術について詳しいことがわかる、一つの指標でもあります。

まとめ

通常の清掃とは違い、専門的な知識が必要となる特殊清掃ですが、資格や認可がなくても営業ができるのが現状。

しっかりと法律を守りながら原状回復をしてくれる業者を探すには、遺品整理士同様、事件現場特殊清掃士の有資格者が在籍しているかをチェックするのが大切です。

仙台市対応の遺品整理士認定協会
「優良事業所」サービス比較
宮城遺品整理
サービス
費用(3LDK)150,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
プログレス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り
クヨカサービス
費用(3LDK)180,000円~
対応サービス
無料見積もり
365日24時間対応
即日対応
仕分作業
貴重品の捜索
無料の簡易清掃
不用品回収
不用品買い取り